【基本がマスターキー】歌唱時の発声方法

歌う時の声の出し方。

これ、一番重要です

抑揚にしろ、ビブラートにしろ、基本的にどんなテクニックも声を出さないことには始まりません。

つまり発声って、基本でありベースとなるもので、どんなテクニックを使うにしても、欠かせないものではないかと思う。

基本が大事って、スポーツでもギターでも、料理でも将棋でも、きっと一緒じゃないですか?

基本が出来ていない人って、大して上手くもないし強くもない人が多いのではないでしょうか?

私は格闘技を20年ほど続けていますが、格闘技でも同じことがいえます。

基本的な動きや技が出来ると、臨機応変に対応出来るようになるし、難しい技もそこまで苦労せず出来るようになったりします。

逆に、基本が出来ていない、ベースが出来ていない人が、上級者の動きや技を真似しても、全然成長もしないし強くもなれません。

いつかは出来るようになるかもしれませんが、かなり時間が掛かるか、その前に辞めます。

上手い人や強い人って、基本がしっかり出来た上で、自分なりのやり方を追求しているんじゃないかと思う。

仮に、バスケットボールで類まれなる才能を持っていても、基本を疎かにして本場アメリカに渡り、そこでプレーしても全く活躍出来ないと思いませんか?

多分、そんなプレーを見た恩師は「まるで成長していない…」って思うはずです。

『谷沢龍二の話はヤメロ』

対して、桜木花道は基本を徹底的にやらされ、全国大会前にシュート練習をし出すという道筋でした。(基本ではなく基礎ともいわれますが、ここでは基本にしときます)

バスケでいえば、シュートもまだ基本の一つかもしれません。

とすれば、桜木花道はほぼ基本スキルのみで強豪達を相手に活躍していた、ということになります。

まあ…スラムダンクの話はもうええか?語ると長くなるし(´・ω・`)

これって、仕事でも同じだと思いませんか?

何かベースとなる考え方や芯がある人って、どんな状況でも臨機応変に対応出来るけど、そうじゃない人って焦るだけで何も解決出来ないし、間違えることも多いんですよね。

では、これを歌に言い換えましょう。
発声という基本がちゃんと出来ていれば、他のテクニックも習得しやすくなるし、色んな曲や色んな場面で対応出来るようになる、といえるのではないかと。

という理由で、発声方法というのは歌の基本、ベースとなるものとして大切なんじゃないかと思う訳です。

下記に、参考になるボイトレ教室の動画をいくつか貼りましたので、プロのボイストレーナー達の意見も聞いてみましょう。

目次

ボイトレ動画4選 発声方法

高音発声や低音発声という、一部にフォーカスした動画ではなく、発声方法という全体的なものにフォーカスした動画をチョイスしました。

①良い声の出し方!日常の〇〇を使った良い声になるボイトレ方法

良い声の出し方について解説。

多分、歌ウマを目指そうとすると、この動画で解説されていることは、誰もが一度は通る道なんじゃないかなと。

「喉を開くとは」って段階でも、よく出てくる話ですので、是非ご覧ください。

②【③まずこれ!】歌に使う理想の声質は?- 正しい声の出し方- 綺麗な歌声・地声【赤羽式ボイトレ】

赤羽式ボイトレは、他の動画も結構観させていただきました。

個人的には凄く参考になったというか、「おー!確かにー!」ってなりました。

どんな声質が理想なのか、良い見本とダメな見本の実演してくれていますので、とても分かりやすいです。

③#2 歌が上手くなる発声 6つの最重要ポイント【ボイトレの基礎】

MYP Channelを知ったのは、ボイトレ動画を漁り始めて2年か3年後くらいでしたが…ものすごーーーーくお世話になっています。

ボイストレーナー「MA$A」さんは、理屈がしっかりしているし、他のボイストレーナーとはかなり違った意見なので、他の動画も是非観て欲しいです。

もちろん、全てが自分にとって正しいとは限らないですし、他の動画が参考にならないという訳ではないので、あくまで一つの参考動画として観ていただければ思います。

④【鼻腔共鳴】この発声法さえ身につければプロにグッと近づく!?いい声になる魔法の発声法 【MVC channel #2】

鼻腔共鳴のやり方や、練習方法、出来ているかどうかのチェック方法など、実演しながら解説されています。

鼻腔共鳴を使うか使わないかは置いといて、知っておいた方が良い知識だとは思いますので、是非ご覧ください。

<蛇足~発声についてのボイトレ動画って少ない?~>

ボイトレ動画を見漁ってた時は、発声方法についての動画もいっぱい観たつもりでしたが…

意外とね、探すとないんだわな

高音発声や低音発声など、発声の中にある一部の要素にフォーカスした動画はたくさん出てきます。

ただこう、「発声が全ての基本!」みたいに解説している動画って、全然なくてビックリしました。

鼻腔共鳴とかの解説をしている動画は、それに近いのかな~と思いますが…

【超重要!】選ぶべきボイトレ動画の基準

4つしか動画を貼っていませんが、この4つ以外は参考にならないとか、そういう訳ではないです。

なるべく時間が短くて、参考になりそうなものにしただけです。

ただ、これらの動画以外を観ても、内容は似たり寄ったりだと思う。

もちろん、高音発声や喉が閉まらない発声など、細かい内容にフォーカスした動画は別ですが…

さて、この4つの動画。

発声方法だけでみても、それぞれ多少なり違った話をしていますよね。

この方たちは他にも動画を出しているので、今回挙げた動画が全てという訳ではありませんが…

まあとりあえず、ボイストレーナー全員が同じこと言ってるんじゃないかっていうことがコチラ。

良い声は「響く声」

ということです。

他にも、「声が安定している」とか「柔らかい声」とかもよく言われるけど、多分全員が言っている「響く声」を目指すことは正解として良いと思います。

で、次のことが超重要っす!!!

響く声の出し方や、練習方法がボイストレーナーによってバラバラです

響く声が正解だとしても、その正解に辿り着くまでの過程がバラバラなんです。

さあ、ではどうすれば良いのか。

上で挙げた動画の中で、様々な練習方法やコツみたいなものがありましたよね?

それぞれ、実際にやってみてください。

それを録音して聴いてください。

本当にそれが良いものなのか、まず自分で判断してみましょう。

そうすると、このボイトレ動画、このボイストレーナーの言ってることが「とりあえずは一番良さそう」、というのが分かってきます。

また、『参考にするのは一人のボイストレーナーに絞った方が良いのか』、と思う人もいるでしょう。

個人的には、最初の段階ではしなくて良いんじゃないかなと思っています。

例えば、それぞれ別のボイストレーナーが解説しているやり方を組み合わせてみたり、発声方法はボイストレーナーAだけど、ビブラートはボイストレーナーBを参考にしよう、とかってやり方で良いということです。

一人のボイストレーナーのやり方にどっぷり浸かった方が、一貫性があって近道に思えるかもしれません。

しかし、私自身が様々なボイトレ動画を参考に、それぞれ実践してきた結果、そう思っています。

どういうことかというと、今までやってきた中で、こう思うことが非常に多くあったんです。

「何かこの声の出し方もったいなくない?」
「どうして体のこの部位を活用しないんだろう?」

多分これは、一人のボイストレーナーに絞って、「このボイストレーナーが言ってる通りにしよう」という脳死状態では、疑問に思うことはないです。

「本当にこれで合ってるのかな?」と、熟考して、探究して、努力したからこそ、疑問に辿り着ける訳です。

というか、独学ならばそうならざるを得ないかもしれません。

自分のやってることが正しいか間違っているか、ちゃんと出来ているか判断してくれる人がいないのが、独学のツライところです。

皆さんも、色んなボイトレ動画の色んな技術を、試しに実践してください。

もちろん、自分に合ってるかどうか分からないものを、一年や二年もやる必要はないです。

数週間から数か月で、「何か違うような気がする」、「もっと良いやり方はないのかな」と思うはずです。

そうしたら、また別のやり方をやってみたり、自分なりに改良してみたりすれば良いです。

で、色々試した結果、「このボイストレーナーが私には合っている」という人のやり方で進んでみてはどうでしょうか。

もちろん、ボイトレ教室に通って、ちゃんと判断してくれる人に判断してもらう、という選択肢も全然アリだと思います。

ボイストレーナーを盲目的に信じるな

ボイトレ動画は万人に向けて作られている動画です。

人の身体って、十人十色なので、あなたに合った内容なのかは分からないんです。

なので、気に入ったボイストレーナーのボイトレ教室に入会することが一番間違いないです。

あなたに合ったアドバイスをくれるはずですので。

それでも、そのボイストレーナーが正しいかどうかの判断は難しいので、自分で熟考・探究しながら学んでください。

ボイストレーナーを盲目的に信じることはダメです

私は独学ですが、参考にしたボイトレ動画なんて腐るほど変えてきました。(要はボイトレの先生や教室を変えるような感じ)

ボイトレの先生とはいえ、レベルの高い低いがあるのは当たり前だと思います。

それは、他のスポーツや芸術系の習い事でも同じですよね?

だからこそ、盲目的に信じるのではなく、熟考・探究し、疑問を抱ける状態にしておくことが大事です

発声方法という基本をしっかり身に付け、高校バスケ全国制覇出来るように頑張りましょう!

『いいからテーピングだッ!』

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

人事歴10年、独学ボイトレ歴5年が、歌でモテる方法を教えます。
コンセプトは熟考と探究。
「ボイトレ」に関する情報をまとめ、一つひとつの事柄を熟考・探究します。
その結果、あなたにとって「必要な努力」を見つけられるサイトになればと思っています。

目次